闇金融を利用してはいけない理由

生活していると、支払に5万円が不足する。しかし手元に資金はない。でも親戚や友人には恥ずかしいので知られたくない、そんな状態で、どうすることもできずサラ金で借金をする人もいまが、止められるものではありません。少額の融資かもしれませんが、手軽に借りれるので便利です。

そこには、銀行に比べはるかに高い金利と取り立て方法で生活が破壊される恐れがあります。借りる前には十分に認識しておかないと将来には後悔するかもしれません。万が一、契約違反にならないように、さらに別のサラ金から借りてくる多重債務の状態になります。サラ金で借りつくしたら次は闇金しかありません。今までとは別次元の相手になります。
そうすると、ヤミ金の正体がわかにくい。わかり易くいえば、法律で定められた金利を超えて貸し付けている者、無登録で貸金業を営んでいる業者を、ヤミ金と表現します。そして、登録貸金業者にもかかわらず、違法な貸出金利で貸し付けすれば看板はどうあれ闇金融となります。

前から街金の貸出金利の象徴として「トイチ」といわれるものがありました。解説すると10日間経過するたびに1割の利息を支払うものです。それを今どきの闇金融になると、以前の2~3倍の金利、年利に換算すれば720~1080%にもなるケースもあります。すなわち、10万円をトサン(年利1080%)で借りれば1年間で支払う利息は、驚くことなかれ、108万円、これってスゴイ金額です。こんな嘘みたいな利息を払うなんてできません。

返済が1日でも遅れると、業者による情け容赦のない取立てがスタートです。夜昼、時間に縛られず、ひつこく嫌がらせの電話をかけまくり、自宅や、あろうことか勤務先にまで現れ、所かまわず脅迫的な言葉で取立てしようとします。先述したごとく、ヤミ金業者による違法な高金利の徴収と、容赦ない取り立により、生活の土台を壊してしまいますから、銀行や消費者金融から借りれないからといって闇金を利用すべきではありません。
ヤミ金(裏金融)の被害

闇金融を利用してはいけない理由