闇金被害者とトバシ携帯

闇金被害 相談犯罪ビジネスで横行しているのが闇金を利用している貧困者を使ってトバシ携帯を量産させる方法に”ダミー闇金”と呼ばれるものがあります。

いま社会問題になっている振り込め詐欺や闇金、それに違法風俗などの違法業界で欠かせない重要なツールとして利用されているのが携帯電話ですが、それには欠点があり、携帯電話会社と通常の契約をすれば身元が簡単にバレますので、そのままでは犯罪に使えません。

そこで悪知恵が働く犯罪者達が考え出した方法がトバシ携帯(第三者が契約し転売することで使用者の身元がわからない携帯電話のことを指す)と呼ばれる手法です。

まず、その第一歩として、携帯電話会社と契約する名義人が必要になりますが、一昔前までは裏稼業の専門業者が供給していました。その時代には携帯電話会社の店頭でも契約者の身分確認が適当で、割と簡単にに契約できました。

しかし、昨今では社会情勢により身分確認が厳しくなり裏稼業の専門業者も携帯電話が入手できなくなりました。
それを補うために考え出されたのが闇金業を利用した方法です。

その方法とは、闇金を利用し、返済ができなくなった闇金被害者に対して、返済金の代替えとしてトバシ携帯電話の契約させるものです。

これが問題なのは、闇金被害者が携帯電話の契約名義人となることで、図らずも犯罪の手助けをすることになってしまうことです。

そのことが判明すると、闇金被害者は現在使用している自分の携帯電話を含め、当面は新規で携帯電話を契約できない”携帯ブラック”になります。

闇金業者に搾り取られるだけ搾り取られ、犯罪にまで利用されたことになります。

その様な事態にならないために闇金被害者は、今すぐ弁護士あるいは司法書士の無料相談を受けて対策を図るべきです。

闇金被害者とトバシ携帯