債務整理では、弁護士と司法書士のどちらを選ぶべきなのか

債務整理 相談弁護士もしくは司法書士へ依頼する人の条件は次の通りです。

弁護士へ依頼する人の条件

・金融会社の1社が140万円を超えている
・賃金業者からの過払い金返還が簡単ではなさそう

司法書士へ依頼する人の条件

・金融会社の全てが借金が140万円以下である

・費用を安く抑えたい

弁護士よりも司法書士へ依頼した方が、費用は低く抑えることが可能ですが、司法書士へ依頼するうえで検討しなければならない部分があるので、次に詳しく記述します。

認定司法書士でなければ、任意整理交渉の代理人の役割を担うことができません。司法書士事務所に依頼をする場合は、認定司法書士が担当してくれることを確認しておきましょう。

また、金融業者の中で1社の借金の額が140万円を超えると、司法書士に委任することはできません。過払い金請求案件は、司法書士でも行うことができますが、過払い金の額が140万円をオーバーすると、司法書士は案件を受任できません。

また、裁判を活用して過払い金請求を行う場合、第二審まで裁判がステップアップすると、司法書士は法定代理人の役割を果たすことができません。しかし弁護士は第二審以降でも無制限に代理人を務めることができます。

債務状況や過払い金請求の内容次第では、司法書士による対処が困難になることがあるので、費用が多少割高でも、初期の段階から弁護士に依頼した方が安心だと言えそうです。
債務整理では任意整理で解決できない場合に個人再生や自己破産などの方法を考える必要が出てきます。
そんなケースでは債務整理に詳しい弁護士を最初から選ぶべきでしょう。

債務整理では、弁護士と司法書士のどちらを選ぶべきなのか