闇金被害者を救済するには

闇金被害無料相談公的機関の発表によれば、ヤミ金問題に関する相談数は伸びていませんが、暴利と違法な取り立てを強めた情け容赦ない闇金業者が目につくようになっています。

数年前に、法外な金利と人間とは思えないほどの取り立てにより、ある都市の被害者一家が全員自殺したことにより闇金の存在が改めて認知されて警察による一斉摘発で過酷な取り立ては沈静化しました。

ただ、闇金がなくなったわけではなく、摘発逃れの意味もあって、酷い取り立てをしない業者が増えました。しかし平成24年ころから、過去に問題となった過酷な取り立てをする闇金業者が再発してきました。

従来型の闇金手法は、利用者本人に限らず家族そして勤務している職場にも不安と恐怖を与えることです。利用者自宅の玄関先で恫喝したり、利用者本人の職場に限らず、家族の職場にも来て、働けないようにします。

闇金被害者の中には、他人に知られたくないと一人で何とかしようと孤軍奮闘します。ヤミ金はそれを利用するために、被害者の周囲に嫌がらせをすることで回収を達成しようとします。

それにより、恐怖にかられた闇金被害者は、新たな借金を強要されるなどの、借金地獄への坂道を下っていきます。

被害者及び家族にとって、問題なのが闇金被害者が新たな被害者を発生させるような新たな闇金被害者を発生させる手伝いをさせられることです。

その犯罪のやり方は、利用者が延滞するか、融資を求められたときに、闇金が被害者名義で携帯電話契約をさせたり、新たに銀行の口座を開設させて、その銀行通帳や携帯電話を使って新たな犯罪を企てる道具にします。

違法な高金利で搾り取られたにも関わらず、闇金被害者が知らずに犯罪に手伝いをすることになるのです。

これれを未然に防ぐには闇金と手を切るほかありませんが、それを自分一人で成功させるにはハードルが高すぎます。
安全で確実に闇金被害から逃れるには闇金被害に精通した弁護士に依頼するのが一番です。

弁護士事務所には闇金対策の無料相談窓口が設置されていますので、今すぐ連絡しましょう。

闇金被害者を救済するには